肺気胸になったことがある僕が選んだ「海外旅行保険」はこれだ!!

肺気胸になったことがある僕が選んだ「海外旅行保険」はこれだ!!

海外旅行に行く時って色々なリスクを考えて海外旅行保険に入ってから行く人も多いかと思います。

一口に海外旅行保険と行っても保証内容はピンからキリまであって選ぶとなると決めるのに迷ってしまうかと思うんですよね。

特に僕の場合は以前に肺気胸と言う病気になったことがあるんですよね。

かれこれ20数年前の話で、その後一度も再発していないので大丈夫と言えば大丈夫かなとも思ったんですが、

やっぱり万が一海外で再発したら怖いじゃないですか!!!

と言うことで僕は「肺気胸が再発した場合も想定して海外旅行保険を選ぶ」ことにしたんですよね。

と言うわけで今回の記事は「肺気胸になったことがある僕が申し込んだ海外旅行保険」についての記事です!

肺気胸を患ったことがある方が海外に行く際の参考になれば幸いでございます!

結論からお伝えすると「AIU海外旅行保険」に申込みました!

いきなりで申し訳ないですが、結論から言うと「AIU海外旅行保険」に申込ました。

まずは今回、僕が申し込んだAIU海外旅行保険の詳細情報です↓

渡航先:タイ
旅行期間:13日間
保険費用:11830円

では早速、肺気胸を患ったことがある僕がこの海外旅行保険に申し込んだ理由を順に書いて行こうと思います!

理由① 既往症・持病に保証があったから!

肺気胸を患ったことがある人が注目すべきポイントは「既往症・持病」について保証がされるかです!

肺気胸を一度でもやってしまったことのある方が一番怖いのは海外で再発してその治療費用のリスクを如何に抑えるかだと思います。

海外旅行保険の項目には色々な項目がありますが、「既往症・持病」について保証している保険は案外少ないのです。

ではその「既往症・持病」と言うのは一体なんなのでしょうか?

持病については何となくイメージ出来ると思うのですが、

既往症って何?って話ですよね??

それではAIU保険の特約に書いてる文章を引用する形になりますが、説明させて頂きます。

既往症とは?
ご旅行前に発病し医師の治療を受けたことのある病気をいいます(妊娠・出産・早産または流産に起因する病気および歯科疾病は含みません)
※AIU保険の特約より引用

そうなんです!読んで頂ければご理解頂けると思うのですが、既往症とは以前に病気になって医師の治療を受けたことのある病気とうことになります。

ということは肺気胸は既往症に入るんですね。

海外旅行保険は基本的に既往症・持病にを保証している海外旅行保険は案外多くないのが実情です。

そんな中、上限の金額が300万円の条件付きではありませすがAIU保険はこの既往症について保証があるんですよね!!

僕がこの保険を選んだ最大の理由がこれになります。

詳しくはAIU保険のサイトに書いてあるので確認してみて下さい!

【出発前の病気も補償】
http://www.aiu.co.jp/travel/activepass/

理由② 保険期間31日までの契約なら自動的に「既往症・持病」に関しての特約(上限300万円)がついてくるから

理由①と関連してくるのですが、保険期間31日までの契約なら「既往症・持病」に関しての特約(上限300万円)は自動的に付いてきます。

ですのでわざわざ自分で申し込み必要がありません。

また費用に関しても、全て申込プランに含まれているので特約に関して追加費用などは発生しませんでした。

ちなみに特約とは??
特約って言葉あまり聞きなれないですよね?まー簡単に言うとオプションって意味と考えれば良いでしょう!
要するに既往症・持病に関してのオプションが自動的に付いているということになります。

【詳しくは↓のページに詳しく書いてあります。】
http://www.aiu.co.jp/travel/activepass/

理由③ 保険期間31日以内の場合なら健康に関する告知なく加入出来るから。

他の海外旅行保険で既往症・持病に取り扱っている会社もなくはないのですが、取扱い会社によっては事前に申請したり窓口に相談したりしなければいけないものも結構ありました。

そんな中、このAIU保険は保険期間31日以内の場合、特に事前申請等は必要なかったので、気軽に申し込みを進めることが出来ました。

これも結構、選んだ理由としてはでかいですね。ひと手間掛かるとやっぱり面倒ですからね~。

詳しくは下記ページのページ下部にある「海外旅行保険のよくあるお問い合わせ」Q3に記載があります。
http://www.aiu.co.jp/travel/

理由④ インターネットからの申し込みが出来て簡単だった。

理由③ともかぶってくるのですが、全てインターネットからの申し込みで完結出来たのも理由のひとつです。

既往症・持病に関して事前の申請をする必要もなくインターネットから申し込みが出来たので大変助かります。

海外旅行に行く前は結構他にもやることが沢山あると思うので、できれば諸々の手続きをサクッと終わらせたいと思うのでありがたいですよね。

AIUの海外旅行保険はこちら
※気になる方は資料請求も出来るみたいですよ。
海外旅行保険のAIU

理由⑤ 他の項目も保証内容が充実していたから

一般的な保険項目に置いても充実の保証内容だったので、安心して加入することが出来ました。

ちなみに僕が加入した契約タイプN11は下記のような内容です。

【ご契約タイプ N 11】
傷害死亡 3,000万円
傷害後遺障害 (後遺障害の程度に応じて) 90万円~3,000万円
治療・救援費用 (支払限度額/1事故・1疾病あたり)※1 無制限
(疾病応急治療・救援費用300万円限度)
緊急歯科治療費用 ※2 (支払限度額) 10万円
疾病死亡 1,000万円
個人賠償責任 (支払限度額/1事故あたり) 1億円
携行品
(携行品1つあたり10万円限度)
(乗車券・航空券などの場合は5万円限度) 30万円
旅行事故緊急費用 ※3(支払限度額) 5万円

※詳しくは↓の公式サイトに記載あるので確認してみて下さいね。
オススメ契約プランのご紹介『ケース1 個人の観光の場合』
http://www.aiu.co.jp/travel/modelcase/index.html

デメリットは保険料が高めなところ??

大変満足のいく保証内容が盛り込まれている海外旅行保険なので、デメリットは基本的にはないと思っているのですが、

唯一上げるとすれば「保険料が他の保険に比べて若干高め」かなとは思います。

しかし、保険って一体何のため?

と自問自答すると何が起こるかわからない海外で安心して過ごすためには広範囲でカバー出来る保険が必要と僕は考えています。

そのように考えると決して高くはないのかなとも思います。

特に既往症・持病を持っている場合はなおさらです。

安心して旅が出来るように微々たる節約はせずに保証内容の充実で保険を選ぶことを個人的にはお勧めしますね。

あれ?デメリットを書いてる筈が何となくメリットになっている気が・・・・。

まーいいか・・・。

インタネットからの申込が完了すると保険証が送られてきます。

↓の感じの保険契約証の書類が送らてきます。必ず持って行きましょう!
肺気胸になったことがある僕が選んだ「海外旅行保険」はこれだ!!
そして肌身離さずに常に携帯しておきましょう!

いざって時にない!ない!ってなったら困りますんでね・・・。

最後に

ここまで書いといて何ですが他にも「既往症・持病」に関して保証している保険もあったので、そちらと精査した上でご自身にとってよいと思う海外旅行保険加入して頂けると良いかと思います。

いずれにせよ、肺気胸を患ったことがある方は「既往症・持病」に関しての保証があるかを必ず確認して探すのが良いかと思いますよ!!

あくまでも個人的な見解になりますが参考にして頂けると幸いです!では!!

AIUの海外旅行保険はこちら

※気になる方は資料請求も出来るみたいですよ。
海外旅行保険のAIU